【検査の適用条件】

日本産婦人科学会「母胎血を用いた新しい出生前遺伝学的検査に関する指針」に則り、NIPT は胎児における染色体異数性のリスクが高い妊婦に適用されます。

【何を調べるための検査でしょうか?】

GeneTech NIPT検査は染色体異常を調べるものです。 GeneTech NIPT検査は 21、18、13 番トリソミーに関して胎児の染色体異常を非侵襲的に調べる検査です。

【この検査は確定検査でしょうか?】

NIPT検査は精度は高いですが、染色体異常を確定診断する検査では無いため(非確定検査)、検査結果が陽性であった場合は染色体異常を確定診断するために羊水検査などの侵襲的な検査が必要です。

【いつから検査できますか?】

この検査は妊娠 10 週目から可能です。

【結果が戻るまでの日数は?】

血液検体はGeneTechかずさラボラトリーへ送られ、採血日から4-13日で結果が報告されます。

【検査をするのにどのくらいの血液が必要ですか?】

検査に必要な血液量は20mLです。2本の専用チューブ10mLずつ注入し、ご提出ください。